ロゴ
HOME>Utility>税の相談や会社のサポートなら税理士に頼もう

税の相談や会社のサポートなら税理士に頼もう

天秤

弁護士の仕事内容は多様

司法試験に合格することで弁護士になるための資格を得ることになりますが、携わる分野は多岐に渡ります。例えば相続や離婚問題の慰謝料請求などの他、借金の任意整理など庶民に密接に関わる分野であったり、企業法務など会社と相対したりすることもあります。それぞれの分野を専門としており実績のある弁護士が信頼されます。

ジャッジガベル

弁護士に依頼する時にかかる費用や時間

弁護士を利用する際に必要な費用には、主に相談料や着手金及び報酬があります。法律相談は通常時間あたり5000円程度であり、相談だけで解決する場合もあります。なお委任契約を結ぶと最初に10万円程度の着手金を、また依頼内容が解決すると報酬以外に各種手数料(交通費等)を実費で支払います。

税務士に業務を依頼する時のポイント

弁護士

納税に関する相談なら

納税や還付金の申請など、税務に関する全般的は相談ができるのが税理士の特権です。節税や相続税対策などの他、過払い金の還付請求などが対象となります。速やかに対処すべき事案もありますので、納税について困ったことがあれば税理士に遠慮なく相談しましょう。

会計業務に関する相談なら

税理士は税務に関連した業務全般(経理や事務など)に関する知識を持ち、会社や個人事業主の確定申告のサポートする役割を担っています。日々の会計や経営上の問題を相談できるようにするために、信頼できる税理士に継続的に業務を依頼すると良いでしょう。

事業運営に関する相談など

税理士によっては企業経営や運営に関わるアドバイスなど、経営コンサルタントとして機能することも可能です。事業運営に関する知識や経験が豊富な税理士なら、会社設立からその後の企業運営に関する相談役となってくれる税理士を探しましょう。

広告募集中